kintone CRMとSFAの連携で実現する業務効率化と顧客管理強化 | 株式会社Crena

kintone

kintone CRMとSFAの連携で実現する業務効率化と顧客管理強化

kintoneのホームページ

昨今では、さまざまな顧客情報を管理分析できるCRMツールが人気を集めており、その中でも「kintone(キントーン)」が高評価を得ています。

kintoneでは、取引先のデータを収集分析できるだけでなく、社内共有もスムーズにできる点が特徴です。

なぜ、今kintoneを始めとするCRM機能が注目を集めているのでしょうか?

その理由として挙げられるのが、優れた顧客管理機能と営業支援ツールとしての「SFA機能」が優秀だからです。

そこで今回は、kintoneのCRM機能とそれに連携させることで業務効率化の向上だけでなく、顧客情報管理の強化につながるSFA機能について解説します。

SFAとは?

ビジネス用語として使われることの多い「SFA」ですが、これは「Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)」の略語であり、意味は「営業支援システム」となります。

各営業担当の営業経過や結果、取引先となる企業情報の管理や案件商談の進捗など、あらゆる営業データを図表やグラフにて一元管理できるシステムです。

ちなみに、同じようにビジネス用語である顧客関係管理のCRMと混同されがちですが、顧客情報の管理分析に特化したCRM、営業データの管理分析に特化したSFAという認識で良いでしょう。

このSFA機能がもたらす影響としては、各営業担当の作業負担が減ることが挙げられます。

電話やメールで何度も共有していたような情報がkintone内で一元管理できるため、アクセス権の持っている人であれば、誰もが即座に情報共有できるのです。

案件進捗状況や企業情報もページごとに確認できるため、一目で取引先との商談状況も確認できます。

そのため、SFAツールを使用することで、作業効率の大幅な改善が図れるため、新規事業に注力できる、案件の成約率が向上するなど、営業におけるパフォーマンスが上がります。

CRMとSFAの厳密な違いについては、また別ページでご紹介します。

SFAに必要な要素

各営業担当の営業成績や取引先との商談の進捗、そして営業担当の前年比や個人情報など、あらゆる営業データが可視化できるSFAですが、このSFA機能に求められる絶対的な要素が3つあります。

それは、「顧客管理機能」「営業進捗管理機能」「データ収集・分析機能」の3つです。

下記に紹介する3つのSFA機能については、kintoneだけではなく、どのようなシステムを導入する場合であっても、必ず必要な要素となるため、ぜひ覚えておきましょう。

また、これらの機能が選べない、またはシステムとして不十分な場合には、どれだけ月額利用料が安価だとしても、利用するには値しない可能性が高いため注意してください。

【SFAに必要な要素】

SFA必須項目
顧客管理機能 SFAでは、営業取引のある企業や個人のデータを正確に管理する機能が必要となります。管理すべき項目としては、「企業情報」「名刺情報」「営業内容や進捗」「取引履歴」「新規既存問合せ内容」などです。いつどこでどの企業とどんな内容の取り引きをしたのかが可視化されるため、情報の共有と効率化が図れます。
営業進捗管理機能 各営業担当の案件進捗状況もデータで一元管理できるため、営業担当本人だけでなく、上長や代理の営業担当の方でも取引先の状況が一目で判断できます。メールやLINEなどでの情報共有も可能ですが、一元管理してあることで、逐一共有や報告する作業負担が削減できます。
データ収集・分析機能 SFAの最重要項目とも言えるのが、この「データ収集・分析機能」です。あらゆる営業データの収集管理や分析が可能となっており、なぜ企業との取引額が増額したのか、または減額したのかなども即座に分析可能です。理由が分かることで、営業利益も向上するだけでなく、優秀な営業担当の分析をすることで、営業部全体の営業成績の底上げにもつながります

kintoneでは、これらSFAに関するツールをアプリとして連携またはカスタマイズが柔軟にできるシステムとなっており、事業形態や従業員数、職種など、あらゆる企業にも使いこなせるのがメリットです。

もっともSFAにおいて必要な項目は、「顧客管理機能」「案件進捗管理機能」「データ収集・分析機能」の上記3つとなりますが、付属してアプリを追加することで、より利便性の高いSFAツールへと進化していくのもkintoneの特徴です。

たとえば、各従業員の出退勤ツールと交通費申請ツールを連携させることで、自動的に勤務した日に赴いた取引先への交通費なども即座に算出されるのです。

また、営業ノルマなどについては、あらかじめ数値設定をしておくことで、ノルマ達成した営業担当については、自動的にノルマ達成表示や達成報告がくるなど、アプリの連携で作業効率はどれだけでも改善できるのです。

あくまで一例ですが、企業の営業形態や職種など、さまざまな状況に合わせた使い方が実現するのがkintoneのSFAツールとなります。

kintoneのCRMとSFAの連携

kintoneポータル画面

kintoneでは、顧客関係管理のCRMと営業支援システムであるSFAの連携が柔軟にできる点が魅力的であり、これにより顧客情報の管理と営業データの収集分析が力を発揮しやすいシステムとなっております。

kintoneのSFAツールでは、「顧客情報管理機能」「案件進捗管理機能」「営業活動履歴機能」などが用意されており、それぞれがkintone内で連携できるシステムが構築されています。

これにより、取引先の企業情報、企業情報に関連した取引内容や案件の進捗、営業担当の活動履歴や所感など、これらをkintone内で瞬時に社内共有できます。

そのため、日報で前日に報告した内容を再度電話で報告する、案件の進捗状況や取引先の反応を伝えるなど、日々当たり前に行われる営業活動の一部がkintone内で完結するのです。

その結果、営業担当は自分の仕事に集中できるだけでなく、それを管理する上長までも作業効率の改善が図れます。

営業における作業効率の改善は、各営業担当の成長へつながるため、それが企業の利益に直結します。

行動管理からの売上予測、レポート作成からスケジュール・タスク管理など、幅広い機能はきっと貴社の味方になってくれるはずです。

まとめ

今回は、kintoneにおけるCRMとSFAの連携により実現される業務効率化と顧客管理強化について解説しました。

kintoneでは、前述したようにCRM機能にSFA機能を柔軟に連携させることが可能であり、結果的に各営業担当の成長が企業の営業利益へとつながります。

【SFA機能の必須要素】
・顧客管理機能
・案件進捗管理機能
・データ収集・分析機能

これら3つの要素は、どのようなSFAツールを導入する場合であっても、外せない必要な機能となるため、必ず機能の有無や汎用性を確認するようにしましょう。

また、これらのSFA機能を有効活用できれば、これまでの作業負担も半分以下に減らせるほど有用性が高く、さまざまなコスト削減へもつながります。

kintoneに関する無料相談も行っているため、月額料金やSFAとの連携についてなど、気になることはお気軽にご相談ください。

株式会社Crena(クレナ)では、中小企業様を中心に、低コスト&短納期でのkintone導入を構築を支援しております。システムを構築する前段階である、業務の洗い出しから課題の抽出、最適な業務フローの構築からサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

Twitterフォローしておくと最新記事の通知が届きます。アップデートの記事を素早く受け取りたい方は是非フォローお願いします。

株式会社CrenaのTwitter

今後ともCrenaをどうぞよろしくお願いいたします!

投稿者プロフィール

Mana
Mana
Crenaのデザイナー。誰かの役に立つ、それが私の生きがいです!趣味は歌、サックス、自転車の旅。とにかく外に出たい。自然を感じたい。北海道出身です(ΦωΦ)

関連記事

kintoneプラグインが1ヶ月使い放題
kintoneプラグイン一覧はコチラ