レコードコピー時にコピー元のレコードに固定値を入力|アプリ間レコードコピープラグイン|kintoneプラグイン

お悩み

弊社では、kintoneを用いて商品の管理を行っていますが、新たな商品を登録する際、商品アプリだけでなく在庫アプリにもレコードを作成する必要があります。

商品を追加してすぐに在庫レコードを作成すれば問題ありませんが、時間が経ってから在庫レコードを作成する場合もあり、作成したかどうかを忘れてしまうことで二重登録してしまうケースが頻発しています。
そこで、商品レコードから在庫レコードが作成されているかどうかわかるような仕組みをつくることで、二重登録を防止したいと考えています。

しかし、kintoneのアクション機能では、コピー元のレコードにコピー実行後に値を自動で設定することができないですし、手動で登録するのも現実的ではありません。何か解決する良い方法はありませんか?

解決策

アプリ間レコードコピープラグインの「コピー元固定値入力機能」を活用することで、この問題を解決できます。

今回のケースでは、商品レコードを在庫アプリにコピーする際に、商品レコードの「在庫登録状況」など事前に用意した特定のフィールドに対し、指定した値を自動で登録することができます。

これにより、商品アプリ上で在庫レコードを作成したかどうかを容易に確認できるようになります。自動的に値が設定されるため、入力漏れを防ぎ、在庫レコードの重複登録を防止することができます。

\まずは無料でプラグインお試し!/

全てのkintoneプラグインを30日間無料でお試しできます。
お気軽にお申し込みください!

30日間無料お試し申込み

プラグイン設定方法

下記のヘルプページを参照

アプリ間レコードコピープラグイン

関連記事