プラグインでkintoneのお悩みを解決! レコード内容に応じて特定のフィールドを必須項目にしたい

kintone

こんにちは、株式会社Crenaです!

今回の記事では、当社の「入力制御プラグイン」を活用して、以下のkintoneのお悩みを解決していきます。

お悩み

レコードの内容に応じて、特定のフィールドを必須項目にしたい

同様のお悩みをお抱えの方は、ぜひ最後までチェックしてみてください!

お悩み①:案件管理で確度Aの場合は金額を入力必須にしたい

kintoneの標準機能では、レコードの内容(条件)に応じて、特定のフィールドを入力必須にすることができません。

例えば、以下のような案件管理アプリで

案件の確度がAの場合は、必ず金額を入力させるようにしたい

と設定を行いたかったとしても、標準機能で実現することはできません。


案件管理アプリ

 

ですが、そのようなお悩みも、当社の「入力制御プラグイン」を用いれば解決可能です!


入力制御プラグイン

 

プラグインの設定方法

案件管理アプリに入力プラグインを追加し、プラグインの設定画面で、以下のように設定を行います。

前提条件:確度がAを含むとき

必須チェック:小計のフィールドが必ず入力されているかチェックする

上記のように設定が完了したら、設定を保存して、アプリを更新します。

 

プラグインの活用画面

入力制御プラグインを導入すれば、以下のように、「確度Aのときは、必ず小計を入力しなければならない」と、アプリの設定を行うことができました!


確度がAのときは、小計が入力されていなければ、レコードを保存することができない

 

お悩み②:問い合わせがクレームだった場合、対応状況入力を必須にする

次は、問い合わせ管理アプリを運用している場合を考えてみましょう。

今回のお悩みは、「問い合わせの種類がクレームだった場合、対応状況の項目入力を必須にしたい」というものです。

クレームの場合に、対応状況が曖昧になっていると、後々大きなトラブルに発展しかねません。

問い合わせ管理アプリ

こちらにも、「入力制御プラグイン」を追加・設定していきます!

 

プラグインの設定方法

前回のお悩みと同じ方法で、プラグインの設定を行います。

前提条件:問い合わせ種別がクレームを含むとき

必須チェック:対応状況のフィールドが必ず入力されているかチェックする

 

プラグインの活用画面

入力制御プラグインを導入すれば、以下のように、「クレームのときは、必ず対応状況を入力しなければならない」と、アプリの設定を行うことができました!


問い合わせ種別がクレームのときは、対応状況が入力されていなければ、レコードの保存ができない

 


お知らせコーナー

当社では、どなたでも簡単にプラグインをお試し頂ける「プラグインデモ環境」を公開いたしました!

利用注意事項の同意フォームに同意後、メールアドレスを入力するだけで、簡単に利用していただくことが可能です。

お気軽にお申込みください!

プラグインデモ環境 お申込みはこちらから!


 

お悩み③:問い合わせ管理で、既存顧客と見込み顧客によって必須フィールドを分けたい

最後は、問い合わせ管理アプリで

問い合わせが、既存顧客からだった場合は、既存顧客管理アプリからのルックアップを必須にしたい。

また、見込み顧客からだった場合は、見込み顧客管理アプリからのルックアップを必須にしたい

という場合を考えてみましょう。

問い合わせ管理アプリ

 

プラグインの設定方法

今回は、プラグインの設定画面で2つの設定を作成します。

すなわち

  1. 「前提条件:問い合わせ種別が取引先」→「必須チェック:取引先ルックアップが必ず入力されているかチェック」
  2. 「前提条件:問い合わせ種別が見込み顧客」→「必須チェック:見込み顧客ルックアップが必ず入力されているかチェック」

という2つの設定です。


設定1

設定2

上記の2つの設定が完了したら、設定を保存して、アプリを更新します。

 

プラグインの活用画面

入力制御プラグインを導入すれば、以下のように、問い合わせ種別が既存顧客か見込み顧客かによって、それぞれ別の入力必須フィールドを設定することができました!


顧客の種類によって、入力必須フィールドを分ける

このように、柔軟な条件設定が可能であることも、「入力制御プラグイン」のセールスポイントの1つです!

 

まとめ

それでは、今回の内容をまとめていきます。

お悩み

レコードの内容に応じて、特定のフィールドを必須項目にしたい

kintoneの標準機能では、レコードの内容(条件)に応じて、特定のフィールドを入力必須にすることができない

→ 当社の「入力制御プラグイン」を用いれば解決可能!

入力制御プラグインは、その柔軟な設定機能により、案件管理、問い合わせ管理など、様々なシーンで活躍します。

ぜひ、導入をご検討ください!

 

入力制御プラグインのお申込み・無料体験はこちらから

入力制御プラグインのご購入・体験お申込みはこちらから!

「入力制御プラグイン」のご購入・体験お申込みはこちらからどうぞ!

当社では、30日間の無料プラグイン体験を実施しておりますので、お気軽にお申込みください!

 

プラグインデモ環境のお申込みはこちらから

プラグインデモ環境 お申込みはこちらから!

また、当社では、どなたでも簡単にプラグインをお試し頂ける「プラグインデモ環境」を公開しております!

利用注意事項の同意フォームに同意後、メールアドレスを入力するだけで、簡単に利用していただくことが可能です。

こちらも、お気軽にお申込みください!

 

それでは、今回は「レコード内容に応じて特定のフィールドを必須項目にしたい」というお悩みについて、当社の「入力制御プラグイン」を用いて解決する方法をご紹介させていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。


株式会社Crena(クレナ)では、中小企業様を中心に、低コスト&短納期でのkintone導入を構築を支援しております。システムを構築する前段階である、業務の洗い出しから課題の抽出、最適な業務フローの構築までサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

Twitterフォローしておくと最新記事の通知が届きます。アップデートの記事を素早く受け取りたい方は是非フォローお願いします。

株式会社CrenaのTwitter

関連記事

kintoneプラグインが1ヶ月使い放題
kintoneプラグイン一覧はコチラ