日報の明細テーブルから工数レコード一括登録|テーブルデータ一括転送|kintoneプラグイン

お悩み

当社では、kintoneを使用して日報を管理しており、日報の入力はサブテーブルの各行に作業内容、作業時間、取引先、プロジェクトなどが記録されています。
作業時間や生産性の包括的な分析を行うために、各サブテーブルの行を工数アプリに新しいレコードとして効率的に登録したいと考えています。

ただし、手作業でこれを行うのは現実的ではありません。そこで、承認済みの複数の日報レコードを対象とし、それらのレコード内のサブテーブルの各行を工数レコードとして一括登録する方法はありますか?

解決策

テーブルデータ一括転送プラグインを活用することで、複数のレコード内のサブテーブルの各行から別のアプリのレコードを作成できます。

この機能を使用することで、承認済みの日報のみが表示されるレコード一覧を作成し、その一覧に表示されている日報レコードのサブテーブルから工数レコードを一括で生成できます。

\まずは無料でプラグインお試し!/

全てのkintoneプラグインを30日間無料でお試しできます。
お気軽にお申し込みください!

30日間無料お試し申込み

プラグイン設定方法

下記のヘルプページを参照

 テーブルデータ一括転送