日付期間を算出する方法|日付プラグイン|kintoneプラグイン

お悩み

弊社は機材のレンタル業を行っています。 顧客が申し込み時に入力した開始日と終了希望日を元に、レンタル日数を算出してkintoneに登録していますが、レンタル終了日が変更になると再度日数を計算し直す必要があります。

レンタル日数は請求金額にも影響するため、計算誤りなどのリスクが懸念されます。

自動的にレンタル日数を算出する方法はないでしょうか?

解決策

日付プラグインの期間算出機能を活用することで、開始日と終了日から期間を自動で算出することができるため、計算誤りなどのリスクを削減できます。(開始日を日数に含むかどうかも選択できます)

また、既にkintoneに登録されているレコードに対して一括で期間算出結果を登録することも可能です。

〈期間算出〉

〈一括期間算出〉

\まずは無料でプラグインお試し!/

全てのkintoneプラグインを30日間無料でお試しできます。
お気軽にお申し込みください!

30日間無料お試し申込み

プラグイン設定方法

下記のヘルプページを参照

 日付プラグイン

関連記事