進捗管理を効果的に実現!kintoneのガントチャートプラグイン活用で効率的なプロジェクト管理

kintone

この記事では、当社のガントチャートプラグインを用いた、効率的なプロジェクト管理について解説していきます。

この記事を読むと
  • kintoneでスケジュール管理を行うメリットが分かる
  • 当社のガントチャートプラグインの4つの便利な機能が分かる
  • ガントチャートプラグインの使い方やカスタマイズ方法が分かる

kintoneでスケジュール管理を行おう

これまでスケジュール管理はホワイトボードやExcelを用いて行われることが一般的でした。

しかし、そのような管理方法には「情報共有の不正確さ」「情報更新のタイムラグ」などの問題がありました。

そこで、これからのスタンダードとして期待されているのが、クラウドサービスであるkintoneです。

kintoneを用いれば、どこでもリアルタイムでスケジュールを管理し、共有することができるようになります。

 

また、kintoneでは無料で、様々なサンプルアプリを使用することができます。

ですが、そこで使用できるスケジュール管理アプリは、正直分かりにくい使いづらいという印象が否めません。

実際の業務で使用するには、少なからず不安と不満が残ります。

サンプルアプリ「プロジェクト管理」。直感的に予定を把握することが難しい。

 

サンプルアプリ「イベント・フェアカレンダー」。単日形式でしか予定を記載できない。記録もメモ程度。

 

そこで、今回は分かりやすくて使いやすい、当社のガントチャートプラグインを紹介したいと思います。

ガントチャートとは・・・縦軸に作業内容、横軸に時間を記した、スケジュール管理表のこと

 

Crenaのガントチャートプラグインを紹介

まずは、Crenaのガントチャートプラグインが持つ、4つの便利な機能を紹介していきます。

 

ドラッグ&ドロップで簡単操作

マウスを操作するだけで、簡単にスケジュールを延期したり、移動させることができます。

これにより、スケジュール全体を俯瞰しながら、調整を行うことが可能になります。

スケジュールの端をドラッグ&ドロップで延期

 

スケジュール本体をドラッグ&ドロップで移動

 

グループ表示

部署やチームごとに、プロジェクトやタスクを表示することができます。

これにより、各チームの業務内容を把握することが可能になります。

 

フリーワード検索

右上の検索欄に、キーワードを入力することで、プロジェクトやタスクを抽出して表示することができます。

これにより、雑然としたスケジュール表であっても、知りたい情報を正確に把握することが可能です。

 

オプションメニュー

変更したいレコード(データ)の上で右クリックをすると、オプションメニューを表示することができます。

これにより、簡単にレコードを「確認」「編集」「非表示」「複製」することが可能です。

 

使い方&カスタマイズ

では、次に具体的な使い方やカスタマイズ方法を見ていきましょう。

(例1)スケジュールを追加したい

スケジュールを追加するためには、まずガントチャートアプリ右上の追加ボタン(+ボタン)をクリックします。

すると、以下のような入力画面が現れるので

「タイトル」「開始日~終了日」「優先度」「タスク種別」「担当者」

を入力しましょう。完了したら[保存]をクリックです。

 

そして、ガントチャートアプリのメイン画面に戻れば、入力したスケジュールが追加されていることが確認できます。

 

(例2)新しい部署を追加したい

新たに部署やチームを追加するには、まずガントチャートアプリ右上の設定変更ボタン(歯車マーク)をクリックします。

 

すると、以下のようなアプリ設定画面が現れるので、

「タスク種別にカーソルを合わせる」→「歯車マークにカーソルを合わせる」→「表示される[設定]をクリック」

を行いましょう。

 

その次に、項目と順番のエリアで、「総務」の横についている+ボタンをクリックします。

すると、総務の下に5番目の入力欄が現れるはずです。

ここに今回は「広報」と入力してみましょう。終わったら、[保存]をクリックです。

 

そうすると、アプリ設定画面に戻るので、忘れずに[アプリを更新]をクリックしましょう

これを忘れると、せっかくの設定が反映されないので、要注意です。

 

そして、ガントチャートアプリ画面に戻れば、「広報」という部署が新たに追加されていることが確認できます。

 

(例3)スケジュールに優先度を表示する

ガントチャート全般の弱点として指摘されているのが、「スケジュールの優先順位が分からない」ということです。

例えば、以下のような表を見ても、どれから優先して取り組むべきなのか分かりません。

 

ですが、Crenaのガントチャートプラグインならば、それも解決です。

では早速、アプリの設定変更ボタン(歯車マーク)をクリックしましょう。

 

アプリ設定画面が現れるので、今回は上部の「設定タブ」を選択します。

そして、「プラグイン」という項目をクリックしましょう。

 

すると、このような画面が現れるので、設定の歯車マークをクリックします。

 

そして、プラグインの設定画面で「カレンダーの詳細表示で表示するフィールド」までスクロールします。

ここで、その下の枠をクリックして、「タイトル」の他に、「優先度」の項目を追加しましょう。

作業が終わったら、下の[保存]ボタンをクリックです。

 

また、ここで「アプリの設定」に戻って、アプリを更新するのを忘れないようにしましょう

 

そして、更新を終えれば、スケジュールに「High」「Mid」「Low」という優先度が表示されていることが確認できます。

これによって、スケジュールの優先順位をひと目で把握することができるようになりました。

 

また、今回の方法を応用すれば、スケジュールやテーブルを自由にカスタマイズすることも可能です。

以下はその例になります。

応用編① スケジュールに「タイトル」「優先度」「担当者」を表示したい

 

応用編② テーブルに「優先度」「担当者」を表示したい

(※「テーブルの詳細表示で表示するフィールド」と「カレンダーの詳細表示で表示するフィールド」は別であることに注意しましょう)

見やすさや業務内容を考えて、最も使いやすい表示方法にカスタマイズしてみましょう。

 

まとめ

それでは最後に、当社のガントチャートプラグインを用いたスケジュール管理のメリットをまとめていきます。

  • kintoneなので、いつでもどこでもリアルタイムで情報共有ができる
  • ドラッグ&ドロップでスケジュールを簡単操作
  • スケジュール追加がすぐにできる。右クリックで編集も
  • グループ表示でそれぞれの業務をしっかり把握
  • スケジュールに「優先度」や「担当者」を表記可能
  • カスタマイズ性の高さで、業務に適したスケジュール表作りができる

このような特徴によって、効率的にプロジェクトを管理することが可能になります。

 

また、当社では30日間無料でガントチャートプラグインのお試しを行っております

「気になった」「一度触ってみたい」と思われた方は、ぜひご利用ください。

ガントチャートプラグインの購入・お試しはこちらから

 

それでは、導入をご検討いただけましたら幸いです。お読みいただきありがとうございました。

 

株式会社Crena(クレナ)では、中小企業様を中心に、低コスト&短納期でのkintone導入を構築を支援しております。システムを構築する前段階である、業務の洗い出しから課題の抽出、最適な業務フローの構築からサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

Twitterフォローしておくと最新記事の通知が届きます。アップデートの記事を素早く受け取りたい方は是非フォローお願いします。

株式会社CrenaのTwitter

kintoneアプリ開発のご依頼は株式会社Crenaへ

会社名 株式会社Crena(クレナ)
TEL 043-388-8819
設立 2020年8月
代表取締役 平野 賢太郎 (Hirano Kentaro)
事業内容

クラウドソリューション事業

システム開発事業

ビジネスソリューション事業

URL https://create-new-air.com/

関連記事

kintoneプラグインが1ヶ月使い放題
kintoneプラグイン一覧はコチラ