kintoneでガントチャートが作れる! プラグインでワンランク上の工程管理を実現します

kintone

こんにちは、株式会社Crenaです!

今日は当社のガントチャートプラグインと、その活用イメージについてご紹介します。

・kintoneでガントチャートを使いたい
・サンプルアプリでのスケジュール管理に不満がある
・ホワイトボードやエクセルでの工程管理から卒業したい
・「kintone × ガントチャート」で実際にどんなことができるのか知りたい

そんなお悩み・ご要望をお持ちの方は、ぜひ最後までチェックしてみてください!

kintoneでスケジュール管理をパワーアップ

まず、基本のおさらいですが、kintoneはサイボウズ社が提供する、業務アプリを作成するクラウドサービスになります。

kintoneを導入することによって、データの一元管理が可能になり、どこでもリアルタイムでスケジュールを管理し、共有することができるようになります。

 

しかし、このようにスケジュール管理のレベルを一段階上に引き上げてくれるkintoneですが、実際に使ってみると、ある不満も見えてきます。

それは無料で使えるサンプルアプリだと、分かりにくい・使いにくいということです。

サンプルアプリ「プロジェクト管理」 直感的に予定を把握するのが難しい。
サンプルアプリ「イベント・フェアカレンダー」 単日形式でしか予定を記載できない。記録もメモ程度。

 

こうした状況の中で、多くの方が要望として挙げるのが「kintoneでガントチャートが使えたらいいのになあ」というものです。

※ ガントチャートとは、縦軸に作業内容、横軸に作業期間を記載するタイプのスケジュール表のこと

 

そこで、今回紹介させていただきたいのが、当社の「ガントチャートプラグイン」になります!

以下では、基本機能と活用イメージをご紹介いたしますので、ぜひお付き合いください。


当社のガントチャートプラグインの利用画面です!

 

ガントチャートプラグイン 基本機能のご紹介

当社のガントチャートプラグインには、4つの便利な機能が搭載されています。

まずは、そちらを簡単にご紹介します!

 

① ドラッグ&ドロップで簡単操作

マウスを操作するだけで、簡単にスケジュールを延期したり、移動させることができます。

端をドラッグ&ドロップで延期 真ん中をドラッグ&ドロップで移動

 

② グループ表示

部署やチームごとに、プロジェクトやタスクを表示することができます。

 

③ フリーワード検索

右上の検索欄に、キーワード(業務名・担当者名)を入力することで、プロジェクトやタスクを抽出して表示することができます。

 

④ オプションメニュー

変更したいレコードの上で右クリックをすると、オプションメニューを表示することができます。

 

どの機能も、直感的で使いやすく、業務をサポートしてくれるものとなっております!

 

ガントチャートプラグイン 活用イメージ

次は、実際に業務でkintoneとガントチャートプラグインを活用するイメージを紹介いたします。

今回は「エレベーターの保守・修繕」を行う会社を想定させていただきます。

 

① kintoneでスケジュールを一元管理

まず、これはプラグイン機能ではなく、kintoneの基本システムになりますが、クラウドでデータを一元管理するので、営業の方も現場作業の方も、(ネット環境があれば)どこでも最新のスケジュールを確認できるようになります。

これにより、スケジュールのブッキングミスや、スケジュールの共有不足を防止・削減することができます。

 

② チームや担当エリアでグループ表示

当社のガントチャートプラグインには、グループ表示機能が搭載されています。

これにより、チームや担当エリアなどで分類を行うことによって、見やすいスケジュール表を作成できます。


チーム別にグループ表示を行いました。

また、エリア別にグループ表示する方法も考えられます。カスタマイズ性の高さも当プラグインの特徴です。

 

③ フリーワード検索機能で自身の業務をしっかり確認

フリーワード検索機能を用いれば、担当者名や業務名でスケジュールを抽出して表示することができます。

これにより、情報量の多いスケジュールでも、自身の業務をしっかり確認することが可能です。

 

④ タブレット対応なので出先や現場でも活躍

当社のガントチャートプラグインはタブレットにも対応していることも特徴です。

これにより、PCが無くても、出先や現場で簡単にスケジュールを確認することができます。

また、作業完了のチェック項目を作成して、現場でガントチャートアプリに記録を行うという使い方も可能でしょう。

 

⑤ 右クリックですぐにレコードが開けるので業務連絡もスムーズに

オプションメニュー機能により、右クリックですぐにレコード詳細を開くことができます。

これにより、手軽にレコード詳細のコメント機能を使えるようになるので、業務連絡もスムーズになります。

 

また、トラブルが発生した場合でも、ドラッグ&ドロップ機能で簡単にスケジュールを延期操作することが可能です。

 

kintone(クラウドサービス) × ガントチャート」を活用すれば、工程管理を大幅に効率化することが可能です。

製造業・システム開発系はもちろん、今回の例のように、メンテナンス業界・建設業界でも活躍すること間違いなしです。

ぜひ、導入をご検討ください!

 

まだまだ進化するガントチャート

また、このガントチャートプラグインは、先日行われたイベントのCybozu Days 2023でも、非常に注目が集まっていたプラグインでした。

当社では、実際にお客様から頂いたご意見を元に、以下のバージョンアップを予定しております。ご期待ください!

・ガントチャートのバーの色設定機能
・ガントチャートバーの色の条件付き色切り替え機能
・グループの並び替え機能
・グループの一括開閉機能
・同じグループのレコードを一本にまとめて表示する機能

 

まとめ

それでは、今回の内容をまとめていきたいと思います。

・kintoneを利用すれば、どこでもリアルタイムでスケジュールを管理&共有できる

・しかし、無料のサンプルアプリは分かりにくく、使いにくいという弱点が…

⇒ 「ガントチャートプラグイン」を導入することによって解決!

当社のプラグインの4つの便利な機能

  1. ドラッグ&ドロップで簡単操作
  2. グループ表示
  3. フリーワード検索
  4. オプションメニュー

⇒ 「kintone × ガントチャート」でワンランク上の工程管理を実現!

 

30日間プラグイン無料お試しキャンペーンのご案内

また、当社では30日間プラグイン無料お試しキャンペーンを行っております!

ぜひ、今回ご紹介したガントチャートプラグインを実際にご体験ください。

ガントチャートプラグインのご購入・体験お申込みはこちらから!

 

それでは、今回はガントチャートプラグインと、その活用イメージについてご紹介させていただきました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連ブログ


kintoneを活用した工程管理の効率化!ガントチャートを作成する方法をご紹介
進捗管理を効果的に実現!kintoneのガントチャートプラグイン活用で効率的なプロジェクト管理

 


株式会社Crena(クレナ)では、中小企業様を中心に、低コスト&短納期でのkintone導入を構築を支援しております。システムを構築する前段階である、業務の洗い出しから課題の抽出、最適な業務フローの構築までサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

Twitterフォローしておくと最新記事の通知が届きます。アップデートの記事を素早く受け取りたい方は是非フォローお願いします。

株式会社CrenaのTwitter

関連記事

kintoneプラグインが1ヶ月使い放題
kintoneプラグイン一覧はコチラ