職種に合わせたスキルチェックリスト自動作成|複数レコードテーブル作成プラグイン|kintoneプラグイン

お悩み

POINT
・条件に合わせてチェックリストの内容を変えたい
・チェックリストを自動で作成したい

私たちは従業員のスキルチェックにkintoneを利用したいと考えています。しかしながら、弊社には複数の職種が存在し、それぞれに必要とされるスキルの項目が異なります。同様に、勤続年数によってもスキルのレベルや必要な知識が変わるため、特定の職種と勤続年数に基づく専用のスキルシート作成(チェックリストの作成)が必要となります。このようなスキルチェック項目の作成は、kintoneを利用して行うことができるのでしょうか?

解決策

POINT
・複数レコードテーブル作成プラグインを活用することで解決
・条件に合わせてチェックリストの内容を切り替えられる
・マスタデータを元にチェックリストを自動作成できる

「複数レコードテーブル作成プラグイン」を活用することで、スキルマスタアプリのレコードから簡単に柔軟なスキルシート(サブテーブル)を作成できます。このプラグインを利用するためには、スキルマスタアプリに職種や勤続年数などの項目を追加する必要があります。そして、スキルチェックアプリの入力項目には、自身の職種や勤続年数などの情報を入力します。すると、入力された情報を基に、該当するスキルシートが作成されます。

\まずは無料でプラグインお試し!/

全てのkintoneプラグインを30日間無料でお試しできます。 お気軽にお申し込みください!

まずは無料で試してみる

プラグイン設定方法

1.プラグイン設定画面を開く

2.プラグインを設定

「ボタン名」、「サブテーブル設定」を設定」します。
1.ボタン名を入力します。

2.作成元アプリと作成先アプリを設定します

3.フィールドの絞り込みを設定します。

※上記の参考画像では、作成元フィールドと作成先フィールドを「職種」に設定することで、作成元アプリから職種に応じたチェックリストをコピーできます。